メインイメージ画像

運転免許証の中型自動車とは?

世間一般で言われる二種免とは、旅客自動車運送の事です。代表は、人を乗車させるタクシーやバス等があります。更には、旅客自動車運送である第二種免とは、営業目的用に登記された緑色ナンバーを付けた車両をいいます。第二種運転免許の獲得方法は、2つです。一つ目は、単独で練習して直接、免許取得センターで受験するやり方です。この方式は大事な所が理解し難く受かるのが苦しいでしょう。

二つ目は、教習所に行く手順です。このケースは、自動車学校の中でも最大2つあるので規定の金額で免許獲得までヘルプしてくれる請負業務の教習と、決められた時間と卒検を行って免許取得の公認過程が存在します。学科テストは89点までだと合格となります。

平成19年6月2日より交通ルールの改定により制定された運転免許です。このように中型自動車免許親切に従って以上のように運転がやれる自動車の規定、応募資格が修正になりました。

ですから法律の改正以降、平成19年6月2日から普通車免許を取得された方が中型車の乗用車を運転するためには、中型自動車免許の取得が必要です。受験資格は20歳未満は運転経歴が2年以上ないと駄目です。一連の流れは、第一段階は教習所の構内で一般の運転技術を学びます。そのうえ仮運転免許を得るための修了検定をして、合格後に仮運転免許証の交付になり次になると主に路上走行の教習が中心になります。第二段階も終わると卒業検定試験と入ります。